47 tmt bombs of silence

Musashino Art University Degree Show 2015
2016.01.15-2016.01.18
Website: http://47TMTBOMBSOFSILENCE.COM

TMT means
T – Tagging
M – Marking
T – Thinking

Date of creation:  2015/05-2016/01
Technique: Photograph, Documentary Video
Size: W5500×D2000×H3600, 3min

Statement:
This works come from the mind of DESING and HIP-HOP.
It is composed 47 photographs that I claimed to territory all over Japan while tagging my name with penlights. Got the idea from the culture of “Graffiti” that is part of hip-hop that was created from the rebels against society. And this work also based on my concept that has been in my mind since March 2011.

It is about the past, the present, and the future.

I know “Graffiti” is crime and injure others.
But I think some are good things and others are bad things as long as we live in sociaty. For that light and dark, our emotion is aroused and grew, and we can understand various ideas. The world that everyone are happy and fun is a ideal, but I want to think about some that can’t feel ordinary happiness.

I claimed to territory like dog’s marking in this work. But I thought the world we can see is only a small part. So the world we can’t see is only can see our IMAGINATION.

ステートメント:
2011年以降から自分自身の中にある意思を基に、
社会に対する反逆精神から生まれた文化”HIPHOP”の
4大要素の1つである”Grapffiti”から着想を得て、
日本全土に自らの足で赴き、
自分の名前をペンライトでタギング (Tagging) することで、
縄張りを張り巡らせた、47枚の写真で構成された作品。

過去・いま・未来について。

Graffiti自体、公共の物や人の物に自分の名前を書き付ける行為は、
犯罪だし、嫌悪感を抱く人がたくさんいるのは当然だと思います。

だけど私は、ひとが社会のなかで生きている限り、
良いこともあれば悪いこともあり
その明暗があることによって
心が刺激され、感ずる心が育ち、
様々な思想を考えたり 理解したりするのだと思います。

みんなが幸せで、楽しくて
そんな世界は理想ですが、
その当たり前の幸せを感じられない人のことを私は考えていたいです。

この作品で私は犬のマーキングのように、
縄張りを張ってみましたが
自分の見ている世界はほんの一部で
見れなかった部分については
自分の想像力でしかみることができないと思いました。